知っておきたい!少人数結婚式のメリットとデメリット

ゲストと新郎新婦の距離が近くアットホームな挙式に

レストランなどで行う少人数の結婚式は、ゲストテーブルと高砂席が近いです。こじんまりしたスペースで行うので、ゲストと新郎新婦が接する機会も増えます。会話もしやすいですし、写真撮影もみんなで気軽に行えます。新婦のドレスも、とても近くで見ることができますよね。少人数新郎新婦とゲストが近距離で、とてもアットホームな雰囲気で開催できることが少人数挙式の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

少人数なので準備が楽

結婚式を挙げるにあたって、招待状を出すことから始まり、席札作りや引出物の手配などさまざまな準備が必要になります。余裕を持って行わなければ、準備も大変なものです。ゲストの人数が多くて大規模な結婚式は尚更、準備することも多くなるでしょう。けれども少人数の挙式はスペースも狭くなり、招待する人の数も限られてきます。そうすると、挙式準備もそこまで手間暇かかりません。挙式準備が楽で済むことも、少人数挙式のメリットの1つです。

挙式に呼べない人が出てくることがデメリット

少人数挙式のデメリットとして、呼びたい人全員を挙式に招待できないことが挙げられます。中には、親族のみでの挙式になってしまうこともあるでしょう。あの人を呼んでこの人は呼ばないというのも、なかなか難しいものですよね。不快な気持ちになる人が出てこないようにしなければなりません。招待するメンバーに関して悩んでしまうときは、挙式後もしくは別の日に、呼べなかった人たちで二次会的なパーティーをするのも良い案ですよ!

少人数結婚式は、家族やごく親しい友人のみを招待して行う小規模の結婚式の名称です。目安としては、多くても参加者が40人くらいのものが該当します。